北区

4月。初めての都内生活。
職場は池袋。給料がやたらいい。残業はない。バス通勤で満員電車とは無縁。たまに30分ほどランニングして帰る事ができる。職場の近くには豊島区の中央図書館があり、これが22時まで開いていて、仕事帰りに幸せな時間を送ることができる。サンシャインシティの水族館の年間パスポートを取って、癒されにいくことができるし、アロマプラネタリウムで優雅なひとときを過ごせる。
Continue reading “北区”

石門金剛宮 四面佛

プランも何も考えずに来ている台湾で、もはや時間を持て余し始めていた。
台湾のもっと面白いところに行きたい焼。
そんな中見つけたこのブログ。
台湾のパラダイス!金剛宮への道【前篇】 | 京都ぬるぬるブログ
圧倒的熱量で綴る金剛宮に鎮座するめんたま飛び出た像に対する愛。
読みながらも、「ここまで熱くなることはないだろうなぁ…」とは思ったのだけれど、なかなかにユニークな場所だったので行ってみたのでありました。 Continue reading “石門金剛宮 四面佛”

台中 彩虹眷村

ある日、元国民党軍の外省人、黄永阜爺さんが暇つぶしに自宅に絵を描き始めた。

描き進むに連れて、自らの絵筆より生み出される極彩色に、黄爺さんは夢中になっていった。 描けば描くほど筆が進み、幼少の頃より黄爺さんの頭に巣食っていた幾つもの奇妙奇天烈な生き物たちや景色が際限なく描かれていった。

もはや自分の家や壁などのキャンバスでは足りなくなっていった。腕は唸りを上げて更に描くことを欲していた。
腕が意思を持ったかのように、描きまくった。無限に湧き上がる創作意欲のままに。 Continue reading “台中 彩虹眷村”

台中

洗濯
台北は猫と人形以上に面白い所が見つからないだろうと判断して台中に行くことにした。
台中に降りると、沢山の出稼ぎ東南アジア人がグループを作ってたむろしていた。
ホテル横のバーのテラス席では、肥えた中年が1人泥酔しており、側頭部から崩れ落ちた。昭和メイクのお水のおばちゃんが二人がかりで起こそうとするも、意識をなくした巨漢の男は支えきれず、見かねて手を貸してあげた。
若者の乗ったおおきな車の後部席に積んだスピーカーからは、ダンス・ミュージックが大音響で鳴らされ、クラブの開店待ちの行列ができている。
日本人だというビンロウ売りの老人が話しかける「これ、美味しいよ」。老人の隣りに座っている台湾人店員が言う「この人ビザ切れて日本に帰らないで、ずっとここにいるんだ」
なんだよここ、村上龍の世界かよ。
Continue reading “台中”

猴硐猫村物語1 猫にかまけて

R0019395

猴硐(ホウトン)という観光地がある。九份からすぐなので、ついでに行くといい。

台湾の退屈さにがっかりしていたのだけれど、猴硐はとても自分の好みにあっている場所だった。

もともと猴硐は炭鉱の町で日本統治時代に主な台湾石炭産出記録を作った。土地の人達は坑道の梁や柱を食い荒らすネズミを駆除するために、沢山の猫を飼った。昭和13年に閉山され、廃墟となったが、近年「猫の村」として村おこしが始まり、静かな観光地として知られるようになった。

Continue reading “猴硐猫村物語1 猫にかまけて”

To ベイジン

中国の人は、日本人からしたら距離の感覚が少し異なるんじゃないだろうか。
故郷に行くために、寝台列車や、狭いバスに何日も乗り続け、大陸を縦横無尽に移動する。交通機関も日本と比べるとかなり安い。
移動する人が多いからか、宿も沢山ある気がする。
実際、自分はほぼ宿に予約を入れることなく旅行をしていた。
言葉はほとんど喋れなかったが、百度地图で、行き先も、距離も、移動手段も、金額も、ホテルも、グレードも、遊び場所も、観光地も何もかも調べることができた。GoogleMapよりもずっと便利だった。百度老师の指し示すルートにそって歩くだけで全てが完結してしまった。日本では勝手にインストールされるhao123とかshimejiの文字列自動送信事件とかで怪しいイメージのある中華Appだけど、他国は締め出し、自国のコンテンツを守り、最適化されているため、どこの国よりも進化している部分がある。
そういうアプリに助けられ、快適な旅行ができた。

th_R0018013

Continue reading “To ベイジン”

SNH48

iPhotoの記録より、2014年10月26日の出来事なのだと知る。

記憶なんてあっという間にかっ飛んでいって、曖昧なものになっている。
記憶に無いことはなかったことだけれど、記憶にあるものも、非常に疑わしい。
そう考えていくと、現在が非常に味気なくなり、飾ってあった未来は鮮やかさをなくしていってしまう。
そうなってはいけないので、人々は桜の森の満開の下で、お酒を飲んで笑い倒し、グズグズに酔いつぶれたり、喧嘩をしたりして、なんとか生きている実感を取り戻そうとしている。(serial experim

アイドルのライブもそうだ。
憂き世の慰めに純粋無垢なる少女を拝み奉る。お布施をすればするほど、徳は積まれ、あこがれの少女たちと握手をしたり写真を撮ったりする機会に恵まれる。
そして高僧達は一心にまじないを唱える。

Continue reading “SNH48”

杭州1

th_R0017598
轢き殺した直後のような先頭車両

杭州は二回目だ。一回目は南京旅行の途中に寄り、駆け足だったので、じっくり見てみたかった。

西湖の西にある霊隠寺は326年に作られた禅寺で、杭州最大。
寒山寺でも思ったのだけれど、ヤンチャな若者も仏像の前でひれ伏し熱心に祈る様は、なかなか日本では少ないのかなと思った。
見上げると、無数の仏像がこちらを見下すギミックはなかなか面白い。上海万博跡地イタリア館で見たこれみたい。

Continue reading “杭州1”