御岳山に登った

ゴールデンウイーク暦どおりに休日がとれた。御岳山に行く。
「おんたけさん」ではなく、「みたけやま」と呼ぶようだ。
調べてみたら、御岳山は日本各地に沢山あるそうな。
真言宗だった祖母がよく言っていたのはどこの御嶽山だったのだろうか。
御嶽山 – Wikipedia

 

Exif_JPEG_PICTURE

仕事が忙しくて、全然ヨガをしていません。ジムも風呂すら行けてないな。

Exif_JPEG_PICTURE

厚手の切符で格好いい。

 

Exif_JPEG_PICTURE

ロープウェイで登っていきます。車掌さんの飛ばす洒落た解説が素敵。「私も御嶽山が好きでGWは毎日通っています!」

 

Exif_JPEG_PICTURE

安産祈願の神社。動物の厄除けで、ペットを連れた人も多数訪れていた。子供がなかなか出来ない友人夫婦は、実に熱心に祈り、そのような光景に、こちらも胸が詰まる思いであった。そのご、縁結びの神木があり「ほら、ちょっと触ってみなさいよ」と促されれ、言われるままに摩っていると「うわ、うわ、なんか惨め!可哀想!ぷげぷげぷげ!」と言われたので、ムキッと来た。

 

Exif_JPEG_PICTURE

この屋根の維持費はすごそうだ。家主の都合で近代的にはできないんだろうな。

 

Exif_JPEG_PICTURE

いきなり商店街。土産物屋が密集している。

 

Exif_JPEG_PICTURE

やたら筋肉質で健康的な狛犬が素敵。おみくじを引いたら小吉。

 

Exif_JPEG_PICTURE

新緑の放つ光が美しい。

 

Exif_JPEG_PICTURE

二日間雨が降っていたので、水量が多いみたい。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

木の根がエルゴノミクスデザイン的に手にジャストフィットして登りやすい

 

Exif_JPEG_PICTURE

勇者だけが登ることを許された天狗岩。友人に「私は勇者だと思うので、確認のために登りたい」と言った所、もう何度も登っている友人は、非情にダルそうな返事を返した。天狗岩の上には天狗様が鎮座しています

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
天気もよく、水量もあり、緑は輝き、実に良い日に散策することが出来ました。
座りっぱなしでユルユルの体に、程よい負荷でした。