シルクロードの旅04_吐鲁番へ

思いがけなくウルムチ博物館でとても素敵なミイラ群を目にして大満足。
次の土地は吐鲁番。この旅は兰州に向けて移動している。
本当は中国中心部から西藏に向かったほうが、土地の空気が変わっていくことを実感できるのだけれど、最終目標が蘭州ラーメンを食べることなので仕方がない。
なぜ出発地が新疆かというと、もともと拉萨に行きたかったけど、ツアーで30万〜もするので行くのを諦め、せめて西側へ行ってみようと来たのだった。
乌鲁木齐市は警備が厳重だ。警察の警備や検査がそこかしこで行われている。コンビニのようなお店でも入り口で荷物チェックがされている。
バスの乗降車時にも、係のものがSuper Scannerと書かれた棒状の検査用具を持っている(ただし、持っているだけみたいで検査しているところを見ることはなかった。)
ウイグル騒乱以降特に監視が強まったようで、常に監視カメラが個人の行動を記録しており、強制収容や宗教弾圧、民族浄化が行われている、と日々のニュースが掻き立てている。
来る前にウルムチ駅爆破事件を読んで、幾度もの取り調べを覚悟してきたのだが、人々の見た目はほとんど漢民族で、上記の警備以外特に変わったところはなかった。しかし、長距離バスターミナル駅に到着するとウイグル族の帽子を被った男性や、色鮮やかなスカーフを巻いた女性がたくさんいた。

烏魯木斉市民の足BRT。これでバスターミナルへ。
南郊バスターミナル
バスターミナル待合室
三時間程度で烏魯木斉から吐鲁番へ

ここで二回の検問があったが、外国人だということで、一人だけ降ろされ武装した警察官に取り調べを受けることになる。簡単な持ち物検査、どこからどこに行くのか、どこに泊まるのか、等。スマホの翻訳アプリを使いながらのコミュニケーション。対応は北京の警官と比べてずっと柔らかい。

取り調べが終わり待たせているバスに乗り込む。
「不好意思」
「没关系!」と運転手は笑顔で答えてくれた。

車窓にはたくさんの風車。広大な大地に多くの資源がある。

トルファン駅裏手のバスターミナルに到着する。

到着。暑いけどカラッとしていて木陰が気持ちいい。
天気がいいので寝ます。
宿につくやいなや干す
中国各地でよく見る破壊と構築が同時進行している。

シルクロードの旅04_吐鲁番へ」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 吐鲁番観光 - akifu
  2. ピンバック: 敦煌 - akifu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください