広東旅行3

飲茶を楽しみ
R0010453

R0010427
陳氏書院へ。1894年に広東省陳さんたちの寄付により建てられた。
各部屋は庭によって隔てられ、回廊によって結ばれている。屋根や壁にあるレリーフは微細であり原色で彩られている。ゴシック建築と中国建築がぶつかり合っている様な印象を受けたけど、そういう意図はないんだろうな。しかし、素晴らしかった。
回廊は遠近感が実によく感じられ、通りがかるたびに廊下の先を見てしまう。
残念なことに撮影した写真、エラー出て見せることが出来ない。
狂乱とともに始まり清明節の静寂とともに広東旅行は終わりました。
いや、はや、どうも、楽しかった。

R0010556 R0010553 R0010545 R0010528 R0010503