南翔小龍包甘いか塩っぱいか

上海郊外に南翔はある。

小籠包 – Wikipedia
一説によれば小籠包の起源は1871年に中国の嘉定県南翔鎮(現・上海市嘉定区南翔鎮)の菓子屋「古猗園」の店主黄明賢が売り出した「南翔大肉饅頭」にあるといわれている。南翔大肉饅頭は好評を博したため同業者からすぐに真似された。その後工夫を凝らして具を大きく皮を薄くし、簡単に真似ができないよう技術的な改良を加えた「古猗園南翔小籠」を販売し、たちまち有名な饅頭としてもてはやされた。


ああ、大好きな焼き小龍包店「小楊生煎」だっ。
でも今回は食べない。

th_R0015576

th_R0015585

th_R0015586

th_R0015587

th_R0015590

th_R0015592

th_R0015593

th_R0015596

th_R0015598

th_R0015603

th_R0015604

th_R0015606

皮が厚かった。
ハエがすごかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です