雍和宮は1694年皇太子の居所として創建され、乾隆帝時代に、チベット、モンゴルとの融和を図るためにチベット寺院となった。
亡命前のダライ・ラマ、パンチェンラマも訪れたそうだ。
長細い境内を歩いて行くと、様々な景観の変化を楽しむことが出来る。いたるところに満州文字と漢字が並んで書かれている。
他の観光寺院とは違う、信者たちの熱心さがあり、強い信仰により支えられていることがわかる。
拝殿は撮影禁止なのでもちろんなのだが、線香が焚かれていたり、建物の外観ですらカメラを取り出すのを躊躇してしまう。
祈る姿は、日本の作法よりも動きが多いためだろうか、誰もが特別な信仰心を持って神様と向かい合っているように見える。

R0018698
摩尼車がそこかしこにあって回せます

R0018699
上部にある看板には各種文字が踊っている
R0018701
お線香は無料

R0018704

R0018712
御浄銭

R0018729R0018734R0018739

雍和宫公式サイト
千年菩提路 第11集-纪录片-高清正版在线观看-爱奇艺

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *