春節その二

これの続き

あった。

やってた。

今、まさに、準備していた。

深夜ゼロ時めがけて。

すごい、すごいぞ!

th_R0015522

th_R0015523

th_R0015524

th_R0015530th_R0015532

th_R0015521

th_R0015538

日本の花火のように、緩急つけて打ち上げるのではなく、ただやたらに火をつけ、ただやたらに騒がしく。
突如交戦中のフィールドに投げ込まれたような非現実感だ。
笑ってしまう。この火薬の量、人も死ぬ。
大変なお祭り騒ぎなのだけれど、ボマー達は「いえーい!どんどん打ち上げろーい!」っていう熱狂ではなく、ただ黙々と自分の仕事をこなす感じで、音に釣られて酒瓶片手に若者たちが喝采を送るわけでもなく、日本のハロウィンみたいな乱痴気馬鹿騒ぎは無い。これは、じつに、歴史ある伝統行事なのだ。
そして警察が来ても、なおも打ち上げ続けるボマー達に、上海っ子魂を見た。

th_R0015563

th_R0015564

更に煙くなった上海の街を、先程まで行われていた花火の轟音を耳に残しつつ帰りました。