式根島2019

今年は式根島でキャンプをしよう!ということになりました。
式根島は10年くらい前に行こうとして、時化てキャンセルになった思い出があります。
10年前の願いを叶えるぞ。
そしてシュノーケリングが素晴らしいと聞いているので、楽しんでやるぞ!

天気はいいですが、台風が接近しているとの予報が……。
めちゃ坂。
自転車レンタルをする際、電動アシストか人力か選ばされたのだけれど、我々の性根は貧乏という病魔に侵されてしまっていたため、人力を選択。めっちゃ坂なのに……。。
キャンプ地に行く途中の坂道でめっちゃ後悔。

キャンプ場の駐輪場を見てみると全員電動アシスト自転車で、人力自転車で急坂を走っている筋肉バカは自分たち以外にいなかった…!

本日の野営地をここにする。お隣は白人の父娘。
滞在中なんだかんだでよく世間話をしました。
そして自分のテントは重量優先で購入した四国遍路の時に使用したモンベルのライトツェルト!
すごく心もとない。見るからに貧弱。ビニール素材を生かしたシンプルな構造。
せめてもと熱中症対策で、いつもMacMiniを冷やしているUSBファン(むき出し)を持ってきた。大容量モバイルバッテリーにつないで、少しでも不快感を避けようと言う涙ぐましい試みです。

速攻なまこゲット。揉みしだいて白い糸を吐かせる。

テント設置後とりあえず目の前の海水浴場に入ってみる。
水質はたしかに素晴らしいが、肝心の魚がおらん。
場所を移すことにして、自転車移動。つらい。

こちらの方が魚影が濃い感じでしたが、可もなく不可もなし。日が良ければ泣いちゃうくらい素晴らしかったのかもね。

飽きた。

夜食を求めて探検に出たのだけれど、あらかた飲食店は店じまいをしていました。
父娘を見かけたので、何を食べたのか聞いてみるとそこのスーパー兼土産物屋でのり弁当を食べたとのこと。
自分たちは菓子パンとか、そういったものをもそもそと食べました。ネットレビューのやたら評判のいいラーメンが食べたかった。

夜。
寝苦しいので一瞬蚊帳を吊って寝てみたが、とても快適だ!できるならばこのまま眠りについてしまいたかったのだけれど、台風予報があったのでツェルトと名のつくビニール袋に自らの身体を収める。
蒸し暑いが、PCファンのおかげでなんとか凌げそう。

そのままうつらうつらし始めたとき、雨が来ました。
その後は浸水と雨漏りに耐え、夜が明けるのを待ちました。

朝、それはラップにくるまれ湿度でブリブリになった中年オヤジの肉が一晩寝かされた、そのような有様です。

父娘はキャンプ地でもう一泊していくといっていたので、宿を取ったほうが良いですよと伝えましたが、自分の泥まみれの姿はとても説得力があったのではないでしょうか?

帰りも叩きつけるような雨風が断続的に続きました。おしまい。

帰りには海の上に虹がかかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください