新疆-甘肃[乌鲁木齐1]

※この旅行記はただの覚書で、知見を得たり、感動を共有するとかいう類のものではありません。

2019年は10連休のGWがあるという。4月の中旬まで迷った末に、以前から行きたかった蘭州に蘭州ラーメンを食べに行くことにした。
本当は1月ごろまでラサに行こうと思い、近所のコメダ珈琲で旅行会社を調べていたのだけど、日本のツアーを使うと40万くらいかかるとのことで、うーんと考え、よしまた今度にしよう、人生の楽しみは最後に預けたほうが、生きることに未練が生まれる、ということでやめた。
そのかわりラサには行かなくとも、新疆ウイグル自治区に行ってみよう、そして旅の最終目標を蘭州ラーメンとして、GWに有給一日づつサンドして連休を目一杯使ってその上その間の道のりを地球の歩き方やネットの情報を頼りに、いろいろ見て歩いて見よう、そうしよう。
飛行機チケットはGW価格で二倍。しかしそろそろ病死とかを考える年齢なので、金をあの世になんて持っていけるかい、と深夜発のチケットを奮発。

発売日にゲットしたGR3を片手に仕事が終わってバックパックを担いで出発。GRなので、急にモノクロ写真が出てきます。

出発は1:30成田->天津。

4:00くらいにトランジットで天津に到着。航空会社は海南航空、初めて聞いた。
この時Amazonで購入した香港SIMで金盾を回避。失敗したのが、有効期限が切れた場合チャージもできるのだけど、VISAしか対応していないということ。Masterしか持ってきてませんでした。旅行中、SIMを押し出すピンと日本で使用していたSIMは紛失しないよう気をつけてた。
8:00くらいにウルムチ地窩堡国際空港に出発。

楽しみにしていた機内食は天津行きの早朝にでたクラッカーのみでした。烏魯木斉行きの機内はそこそこ狭め。

俺の飛行機スタイル。
ブランケットも借りて腰に当てる
空港周辺の町並み

バス停には「SUPER SCAN」という金属探知機みたいな棒を持った係の人がいるけど、
使っているところを見たことがなかった。

飛行場から市内行きのバスに乗ります。どこまで行っても1元。
ホテルはブッキングドットコムで予約済み。年寄りなので青年旅舍は選ばずビジネスホテルのランク。百时快捷酒店红山店。一泊230元くらいかな。

以下のBooking.comリンクから予約すると2,000円もらえるようです。
https://www.booking.com/s/11_6/2c278d8d

従業員も親切。
バス停が目の前で、红山公园にも近くて良かった。
窓を開けると窓。その下にはひたすらゴミが散乱していた。
ホテルとなりにあった蘭州ラーメンを早速いただきました。

ホテルで現地ツアーに参加したい旨を伝え、コーディネーターを待って支払い。自分の下手くそな中国語に対して、こいつに話しかけても通じないと察した熱心なホテル従業員は百度の翻訳を使ってコミュニケーション。

その後は近辺を散策。
空気は乾燥していて、木陰に入ると爽やか。とても過ごしやすい。

BTRの停留所にもつながる地下街といっていいのか。果物が美味しそうだった。
これがBTR。普通の路線バスとは別物です。

新疆というと鮮やかな色彩の衣装で女性は布をかぶり、男性はちょこんと乗った帽子をかぶった人たちが沢山いるのだろうなと思っていたのだけど、漢民族の方が多い印象だった。
余った時間で、近くにある红山公园に行ってみた。しかしここになかなかたどり着けない。大きな道路が道を塞いでいて、無理して渡ったとしても身長以上の柵があって歩道にたどり着けない。
先程のBTRの道路も合わせて、烏魯木斉での徒歩移動は複雑で、信号も見当たらないし歩道橋もないし、無理して進んだら歩道がなくなって車道と合流しているしで、不便でした。

百度地图を使って到着。結局かなり大回りしないとたどり着けなかったです。

本当、俺は阿呆というか、急に旅行決めたこともあって烏魯木斉がどういうところか知らなかったのだけど、日照時間が長いことをここで知りました。上の写真は21時過ぎの風景です。

ツアコンの人に教えてもらった、おすすめのレストランに行ってみた。
椒麻鸡を頼め!一人では食べきれないから、小さいやつを頼め!って言ってた。

胖老汉 烏魯木斉市内に数店舗ある。
鉄板の羊肉串。いつ食べても美味しいわ。
確か、羊の腰肉。……すごくまずかった。
メインの椒麻鸡

この旅を通しての収穫の一つは椒麻鸡というものを食べたことだ!鶏肉とネギが大量の香辛料と香ばしいごま油とで炒められている。ネギが鳥の旨みを際立たせて、食べるごとにご飯がすすみ、香辛料は大量の花椒を使用していて、攻撃的な辛さではなく、体に訴えるようなしびれが強く、口の周りが今まで体験したことのないような面白いしびれに見舞われ、その体感を楽しみつつ、様々な味のスパークをビールと共に腹に流し込むのだわっはっは!

自分はこの時、これが烏魯木斉の名物ということを知らずに、日本の中国人が地元の味を求めて食べに行くような池袋北口(西)で食べることができると思っていた!
しかし、そこまで一般的な食べ物ではないらしく、帰国後ググってもこの記事しか見つからず、記事中のお店はどこにあるかわからないし、中国人の友達に椒麻鸡美味しかったよ!って言っても知らない人すらいるし、ああーもっと食べておくんだった!!!
蘭州ラーメンより椒麻鸡をもっと食べておくんだった!
と、とても後悔しました。烤鲶鱼もそうだけれど、これだけ日中の文化交流が行われているのに、なぜあのような美味しいものが日本で、東京にいて食べることができないのか!
本当に!

自分がお金持ちになったら、中国人の料理人を連れてきて、烤鲶鱼と椒麻鸡のお店をつくりたい!そう思いました。

椒麻鸡については烏魯木斉の人はなかなか海外に行くことが難しい、そのため日本に伝来するハードルが上がっているのではないのか、ということも聞きました。

レシピ見たら簡単そうだし、椒麻鸡自分で作ってみようかな。日本で花椒は簡単に手に入るし。ただ、自分の家にはコンロも鍋もなにもない。
レシピ