akifu

シェアハウス暮らしの始まり

成田から新宿駅に向かうバスの中は、誰も喋らず本当にひっそりとしていて、話すときでも、耳元で囁く程度だ。日本に帰ってきてからの一

海外帰国住所不定無職

中国行く以前から心配していたのは、帰国時にどのように生活を成り立たせるかということだった。 住む家もないし、住ませてくれる知り合いもいない。 今回はそんな天涯孤独な仲間に送るノウハウ。

鸡年快乐

今年是我的本命年 :-)  :-)

2年間の上海での暮らしを終えた

上海から帰ってきて、もう二年前になる。更新がスローモーなのは前からだけれど、初めての海外で定住した上海での生活は刺激に溢れ、書き記したいことがたくさんあったからこんなことになってしまったのだ。でもいい加減やめよう。時差がどんどん大きくなる。カヌーイストの野田知佑さんみたいに世界を漕ぎおろしたいと思っていた少年は、生来のだらしなさと無気力さとあきらめと面倒臭さがついて回

石門金剛宮 四面佛

プランも何も考えずに来ている台湾で、もはや時間を持て余し始めていた。台湾のもっと面白いところに行きたい焼。そんな中見つけたこのブログ。台湾のパラダイス!金剛宮への道【前篇】 | 京都ぬるぬるブログ圧倒的熱量で綴る金剛宮に鎮座するめんたま飛び出た像に対する愛。読みながらも、「こ

台中按摩脚

土地土地の名物というものがありますな。台湾といえば、そぼろご飯、かき氷、パイナップルケ

高美湿地

世界のトラベラーに大人気の

台中 彩虹眷村

ある日、元国民党軍の外省人、黄永阜爺さんが暇つぶしに自宅に絵を描き始めた。描き進むに連れて、自らの絵筆より生み出される極彩色に、黄爺さんは夢中になっていった。 描けば描くほど筆が進み、幼少の頃より黄爺さんの頭に巣食っていた幾つもの奇妙奇天烈な生き物たちや景色が際限なく描かれていった。もはや自分の家や壁などのキャンバスでは足りなくなっていった。腕は唸りを上げて更に描くことを欲していた。腕が

台中

台北は猫と人形以上に面白い所が見つからないだろうと判断して台中に行くことにした。台中に降りると

林柳新紀念偶戯博物館

人形が好きだった。ぬいぐるみ、アニメフィギュアのたぐいではなく、創作人形的なあれだ。SMHの球体関節人形特集