新疆-甘肃[新疆博物館]

BTRという専用車線のあるバスを二台つなげた乗り物に乗って博物館へ行きました。朝ごはんは煎饼一块。

立派な建物で、入場無料です。中国の大抵の美術館、博物館は無料。

特別展示で日中共同ニア遺跡学術調査団の研究成果や当時の資料や道具などが展示されていました。

事前の知識が全くない状態で、博物館に入ったのですが、ここはミイラが沢山いるんですね。

あれ、この楼蘭の美女ってなんか記憶にあるぞ。確か中学の頃の国語の教科書に出てきたような……。獅子狩文錦と同じ模様の絹がこの楼蘭の美女を包んでいたとか、そういう話だった気がするけど、記憶力が悪いので確かではない。。。
でも、へぇかつて読んだものが実際に目の前に現れるなんて素敵。

追記
彷徨える湖ロプノール」というお話だそうです。

ここらからはミイラ特集です。

新疆-甘肃[乌鲁木齐1]

※この旅行記はただの覚書で、知見を得たり、感動を共有するとかいう類のものではありません。

2019年は10連休のGWがあるという。4月の中旬まで迷った末に、以前から行きたかった蘭州に蘭州ラーメンを食べに行くことにした。
本当は1月ごろまでラサに行こうと思い、近所のコメダ珈琲で旅行会社を調べていたのだけど、日本のツアーを使うと40万くらいかかるとのことで、うーんと考え、よしまた今度にしよう、人生の楽しみは最後に預けたほうが、生きることに未練が生まれる、ということでやめた。
そのかわりラサには行かなくとも、新疆ウイグル自治区に行ってみよう、そして旅の最終目標を蘭州ラーメンとして、GWに有給一日づつサンドして連休を目一杯使ってその上その間の道のりを地球の歩き方やネットの情報を頼りに、いろいろ見て歩いて見よう、そうしよう。
飛行機チケットはGW価格で二倍。しかしそろそろ病死とかを考える年齢なので、金をあの世になんて持っていけるかい、と深夜発のチケットを奮発。

発売日にゲットしたGR3を片手に仕事が終わってバックパックを担いで出発。GRなので、急にモノクロ写真が出てきます。

出発は1:30成田->天津。

続きを読む “新疆-甘肃[乌鲁木齐1]”
石門金剛宮 四面佛

プランも何も考えずに来ている台湾で、もはや時間を持て余し始めていた。
台湾のもっと面白いところに行きたい焼。
そんな中見つけたこのブログ。
台湾のパラダイス!金剛宮への道【前篇】 | 京都ぬるぬるブログ
圧倒的熱量で綴る金剛宮に鎮座するめんたま飛び出た像に対する愛。
読みながらも、「ここまで熱くなることはないだろうなぁ…」とは思ったのだけれど、なかなかにユニークな場所だったので行ってみたのでありました。 続きを読む “石門金剛宮 四面佛”

高美湿地

世界のトラベラーに大人気のウユニ塩湖
あんな感じのところが台中にある。
でもこの日はあいにくの曇り空と、体が傾くほどの強風で、鏡張りの景色は見ることができなかった。
湖の風は凄まじく、風車を大回転させている。

高美湿地 続きを読む “高美湿地”

台中 彩虹眷村

ある日、元国民党軍の外省人、黄永阜爺さんが暇つぶしに自宅に絵を描き始めた。

描き進むに連れて、自らの絵筆より生み出される極彩色に、黄爺さんは夢中になっていった。 描けば描くほど筆が進み、幼少の頃より黄爺さんの頭に巣食っていた幾つもの奇妙奇天烈な生き物たちや景色が際限なく描かれていった。

もはや自分の家や壁などのキャンバスでは足りなくなっていった。腕は唸りを上げて更に描くことを欲していた。
腕が意思を持ったかのように、描きまくった。無限に湧き上がる創作意欲のままに。 続きを読む “台中 彩虹眷村”

台中

洗濯
台北は猫と人形以上に面白い所が見つからないだろうと判断して台中に行くことにした。
台中に降りると、沢山の出稼ぎ東南アジア人がグループを作ってたむろしていた。
ホテル横のバーのテラス席では、肥えた中年が1人泥酔しており、側頭部から崩れ落ちた。昭和メイクのお水のおばちゃんが二人がかりで起こそうとするも、意識をなくした巨漢の男は支えきれず、見かねて手を貸してあげた。
若者の乗ったおおきな車の後部席に積んだスピーカーからは、ダンス・ミュージックが大音響で鳴らされ、クラブの開店待ちの行列ができている。
日本人だというビンロウ売りの老人が話しかける「これ、美味しいよ」。老人の隣りに座っている台湾人店員が言う「この人ビザ切れて日本に帰らないで、ずっとここにいるんだ」
なんだよここ、村上龍の世界かよ。
続きを読む “台中”