言えない気持ちは恵方巻き

仕事がきまるまで、川崎のシェアハウスにいた。
シェアハウスと言っても浴室も洗濯機も各々の部屋にあり、共有するところはキッチンくらいなものか。とても居心地が良かった。
キッチンは立派なスチームオーブンやグリルが備え付けられているし、新聞も共有スペースに届くし、食料の自動販売機もあるし、PS3もある。

仕事が決まって日々ぼやぼやしていた。 続きを読む “言えない気持ちは恵方巻き”

シェアハウス暮らしの始まり

成田から新宿駅に向かうバスの中は、誰も喋らず本当にひっそりとしていて、話すときでも、耳元で囁く程度だ。日本に帰ってきてからの一番の違和感は交通機関での人々の振る舞いでした。

中国では、人々はみな大きな声で会話し、笑い、食べ、マイク付きイヤフォンを使い携帯電話で自然に通話をしていました。全員が全員そうなのだから、悪目立ちすることはなかったのです。たった2年間での中国暮らしてそう思うのですから、留学や仕事で初めて日本に降り立った外国人は「こいつら、機械人間なのか!」と本当にびっくりすると思います。一方で満員電車のパーソナルスペースを侵犯しまくる様子は狂って見える。自分もその狂いの輪の中に入っていかなければなりません。
続きを読む “シェアハウス暮らしの始まり”

石門金剛宮 四面佛

プランも何も考えずに来ている台湾で、もはや時間を持て余し始めていた。
台湾のもっと面白いところに行きたい焼。
そんな中見つけたこのブログ。
台湾のパラダイス!金剛宮への道【前篇】 | 京都ぬるぬるブログ
圧倒的熱量で綴る金剛宮に鎮座するめんたま飛び出た像に対する愛。
読みながらも、「ここまで熱くなることはないだろうなぁ…」とは思ったのだけれど、なかなかにユニークな場所だったので行ってみたのでありました。 続きを読む “石門金剛宮 四面佛”

高美湿地

世界のトラベラーに大人気のウユニ塩湖
あんな感じのところが台中にある。
でもこの日はあいにくの曇り空と、体が傾くほどの強風で、鏡張りの景色は見ることができなかった。
湖の風は凄まじく、風車を大回転させている。

高美湿地 続きを読む “高美湿地”

台中 彩虹眷村

ある日、元国民党軍の外省人、黄永阜爺さんが暇つぶしに自宅に絵を描き始めた。

描き進むに連れて、自らの絵筆より生み出される極彩色に、黄爺さんは夢中になっていった。 描けば描くほど筆が進み、幼少の頃より黄爺さんの頭に巣食っていた幾つもの奇妙奇天烈な生き物たちや景色が際限なく描かれていった。

もはや自分の家や壁などのキャンバスでは足りなくなっていった。腕は唸りを上げて更に描くことを欲していた。
腕が意思を持ったかのように、描きまくった。無限に湧き上がる創作意欲のままに。 続きを読む “台中 彩虹眷村”